ホワイトニングの健康

ホワイトニングが行える条件としては、歯の治療を完全に行っていることが一つの条件となります。当然、ホワイトニングを行うにあたって、仕上がりを美しく見せるためには、歯の治療跡や虫歯の跡があっては白い歯の美しさよりも、こうした痕跡が目立ってしまうのです。

ケアもちろん、歯並びが悪ければ、歯の矯正を行うという手段も取る必要があります。最近は、大人でも歯の矯正を行うことも多く、大人になっても歯の矯正は可能なのです。また、こうした審美歯科の一環は、口元の美しさを周囲に見せるだけではなく、オーラルケアの一環として、常に口の中を清潔に保つことによって、虫歯や歯周病などの口内の病気を未然に防ぐという相乗効果もあります。人は、年齢を重ねるごとに歯だけではなく、筋力やすべての身体機能が衰えていきますが、歯を健康に保つことによって、健康の維持も可能なのです。

特に40代以降は、歯を失ってゆく確率が高くなるといわれ、そのほとんどが虫歯や歯周病で歯が抜け落ちる原因となっているのです。口も人間の大事な消化器官の一つで、大切な栄養素を体内に取り込むのに必要なだけではなく、咀嚼する力も必要ですので大切にケアをしていきましょう。