ホワイトニングとは

ホワイトニングホワイトニングとは、通常の歯磨きや歯科医院で行う、歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の表面の色自体を綺麗にし、歯をより白く見せる方法です。ホワイトニング技術は、1989年にアメリカで実用化された技術で、アメリカの歯科医院ではどこでもごく当たり前に行われている手法です。

この技術は、実際に歯を研磨したり削ったりすることなどなく、歯の中にある色素を分解する事によって、歯の明度を上げて白くしていくことができます。従来までは、歯を白くするために歯の表面だけを研磨したり、義歯をかぶせたりする方法、あるいは歯の表面自体に特殊な液体を塗ったり、板状の膜を張り付けたりする方法が採用されていました。しかし、歯の重要なエナメル質を削ったり、表面をかぶせ液体を塗ったりすることで、歯の質そのものが弱ったり虫歯や歯周病になりやすいといったことがあり、安全性の面でもこのホワイトニングが現在主流となってきました。

アメリカではブリーチングと呼ばれてきましたが、ブリーチが漂白という意味を持つため、洗濯用の漂白剤を使っているかのような疑念を抱かせるということもあり、アメリカでも最近はこのホワイトニングという名称を使うようになってきました。ともあれこの技術や手法は、歯にほとんどダメージを与えず歯の表面を非常にきれいに見せることができ、白い輝きを保たせるので、美容目的や衛生的にも優れたクリーニング方法と言えるのではないでしょうか。