ホワイトニングの健康

ホワイトニングが行える条件としては、歯の治療を完全に行っていることが一つの条件となります。当然、ホワイトニングを行うにあたって、仕上がりを美しく見せるためには、歯の治療跡や虫歯の跡があっては白い歯の美しさよりも、こうした痕跡が目立ってしまうのです。

ケアもちろん、歯並びが悪ければ、歯の矯正を行うという手段も取る必要があります。最近は、大人でも歯の矯正を行うことも多く、大人になっても歯の矯正は可能なのです。また、こうした審美歯科の一環は、口元の美しさを周囲に見せるだけではなく、オーラルケアの一環として、常に口の中を清潔に保つことによって、虫歯や歯周病などの口内の病気を未然に防ぐという相乗効果もあります。人は、年齢を重ねるごとに歯だけではなく、筋力やすべての身体機能が衰えていきますが、歯を健康に保つことによって、健康の維持も可能なのです。

特に40代以降は、歯を失ってゆく確率が高くなるといわれ、そのほとんどが虫歯や歯周病で歯が抜け落ちる原因となっているのです。口も人間の大事な消化器官の一つで、大切な栄養素を体内に取り込むのに必要なだけではなく、咀嚼する力も必要ですので大切にケアをしていきましょう。

ホワイトニングの効果

いつも適切にオーラルケアを行っているのに、歯はなぜ黄ばんでくるのでしょうか。歯の黄ばみの原因として、よく挙げられるのはたばこによる喫煙で、ニコチンやタールがエナメル質に染み込むことで少しずつ黄ばんでいき、やがては口の中の歯全体が茶色く変色していきます。

ホワイトニングしかし、喫煙の経験もなく、家族に喫煙者がいないのに、歯が黄ばんでしまうということが起こります。実はこの、原因として考えられているのは、酸蝕歯(さんしょくは)と呼ばれるもので、これは浸食性歯牙摩耗、エナメル質損耗または酸蝕症とも呼ばれ、口から摂取する食べ物や飲み物によって、これらに含まれている酸の成分によって酸蝕が進むと考えられています。また、酒を飲み過ぎたせいでおう吐したり、逆流性胃腸炎などによって胃酸が逆流することでも、このような酸蝕が起こってくるのです。

酸による影響はこれだけではなく、歯の先端が丸みを帯び知覚過敏になったり、歯のエナメル質がすり減りつやをなくし、やがては変色し黄ばみの元となっていくのです。ホワイトニングは、こうした歯の色素だけを分解しますので、黄ばみの原因だけを取り除き、歯を痛めずに白くできるところが特徴と言えるでしょう。

【関連サイト】湘南美容歯科

ホワイトニングと審美

聞き慣れない方もいますが、審美歯科を皆様ご存じでしょうか。この審美歯科というのは、歯科医院の名称などではなく、審美つまり見た目の美しさを表現した言葉で、この見た目の美しさを重点に、よりきれいに口元を美しく仕上げて見せるための治療方法の一つなのです。

審美歯科例えば普通の虫歯治療だと、保険が適用される材料と治療方法で行い、最低限の機能性を持たせた治療法で回復させるのが常です。したがって、その仕上がりは口元から金属がのぞいたり、白色の義歯を入れてもしばらくすると変色してしまうのが難点でした。審美歯科は、こうした難点を考慮したもので、いくつかの治療方法によって、保険適用の素材や治療法以外にも自費での治療を行うことができるのです。

審美歯科治療には、セラミックで作られた被せ物をセットするオールセラミッククラウン治療があります。また、奥歯などの虫歯治療などを行った際に、セラミック製の白い詰め物を詰めたりかぶせる治療法は、セラミック・インレーあるいはアンレー治療費と言います。また、インプラント治療は、歯が根元から失われてしまった場合に行う治療法で、単に歯をきれいにする方法としては、ホワイトニングがお薦めの治療法です。続いては、ホワイトニングの効果について説明します。

ホワイトニングとは

ホワイトニングホワイトニングとは、通常の歯磨きや歯科医院で行う、歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の表面の色自体を綺麗にし、歯をより白く見せる方法です。ホワイトニング技術は、1989年にアメリカで実用化された技術で、アメリカの歯科医院ではどこでもごく当たり前に行われている手法です。

この技術は、実際に歯を研磨したり削ったりすることなどなく、歯の中にある色素を分解する事によって、歯の明度を上げて白くしていくことができます。従来までは、歯を白くするために歯の表面だけを研磨したり、義歯をかぶせたりする方法、あるいは歯の表面自体に特殊な液体を塗ったり、板状の膜を張り付けたりする方法が採用されていました。しかし、歯の重要なエナメル質を削ったり、表面をかぶせ液体を塗ったりすることで、歯の質そのものが弱ったり虫歯や歯周病になりやすいといったことがあり、安全性の面でもこのホワイトニングが現在主流となってきました。

アメリカではブリーチングと呼ばれてきましたが、ブリーチが漂白という意味を持つため、洗濯用の漂白剤を使っているかのような疑念を抱かせるということもあり、アメリカでも最近はこのホワイトニングという名称を使うようになってきました。ともあれこの技術や手法は、歯にほとんどダメージを与えず歯の表面を非常にきれいに見せることができ、白い輝きを保たせるので、美容目的や衛生的にも優れたクリーニング方法と言えるのではないでしょうか。